神奈川県大和市と川崎市中原区で、幼児から中学生までの学年に合わせたユニークな方法で、
学習のみならず、意欲、生活、メンタルなど総合的に力をつけるスクールです。
子供達に寄り添うことで、子供達に自信とヤル気をつけています。
塾でも、学童でも、学校でもない、新しいスタイルの「未来スクール」です。

最新のお知らせ


2021年6月15日 : 強い心を持つこと
先日の授業でのこと?他学年、同じクラスで行っている授業で、6年生の1人がどうして勉強しないといけないのか?という質問がありました。みんなの意見を聞くと、2.3年生は、将来のため。6年生は、それは、そうなんだけど…と。実は、中学受験が当たり前の地域では、偏差値の話が子供同士の会話に出てくるそうです。そして、問題が解けないとバカにする子がいて、いやな思いをしているとのことでした。
では、もし、自分がそうなったら、どうする?という質問を投げかけたら…
2.3年生は、無視する。相手にしてると時間の無駄。できなかったら、勉強してできるようになればいい。と発言していました。6年生は、言い返すなど、自分の主張を言うことを言ってました。
どちらも正解だと思いますが、自分の主張を言うことは、言葉選びが難しいです。間違えればケンカになります。

低学年の子たちの意見がなかなか、鋭いなと感心しました。
2021年5月26日 : 幼児教育の大切さ

最初のお稽古事に、スイミング、リトミック、英語などが主流かと思います。もちろんそれもとても、よいと思います。「三つ子の魂百まで」といいますが、脳科学的に考えると、脳と脳のパイプ役のシナプスが6歳ぐらいまでに8割近く出来上がります。
それ以降は、ダメなの?ということではありません。ただ、6歳までに、いい刺激をたくさん与えるといいよということなんです。
脳が発達、作られていく時期に幼児教育をするということは、とても、重要で、意味があるわけです。

お受験をするから、幼児教室に通うのではなく、お子さんのため、お母さんの子育てのためにもなります。だから、1回800円で、リトミック、幼児教室を開催しているのは、多くの皆さんに参加してほしいためです。

ご参加希望の方は、HPのお問い合わせからお待ちしております。
2021年5月19日 : 中学受験
先日、小4のお子さんのお父さんとお話をしていました。中学受験をするため、対応している塾に通っているが、毎日、お子さんの勉強をみるのが大変だと話をしていました。
宿題の量、内容が多く、とにかく詰めて、詰めて、ということで、親子共にかなりの負担だと。中学受験は、子供が受験したいといと言い出して始まることは、あまりなく、保護者が決めることが、ほとんどです。なので、やらされて嫌がるお子さんと素直にやるタイプと分かれます。中学受験がいい、悪いではなく、そのお子さんが向いているかどうかがあると思います。
中学受験するから、かなりの勉強をするでしょう。将来、中学受験をしなかった子と差がでるのでしょうか?

答えが出ないから、小学校受験、中学校受験がずっと、続くのだなと、感じました。
2021年5月14日 : もうすぐ、中間テスト
中学になると、塾よりも、オンラインや動画で勉強する方が多いのかな?と思いきや、生徒さんに聞くと、8割が通塾ですよと!
友達と一緒に…というのが、多いそうです。
今は無料でわかりやすい動画もたくさんでています。
優しい問題ばかりでは、対応できません。
問題集を買う時、普通は、難しいのは買いませんよね。
昨日の中学生の授業では、少し難しい数学にチャレンジしてもらいました。

あと、少しでテスト。自習しに来たいと言い出してる子もいて、いい傾向です。
そして、1年生は初めてのテストです。頑張って欲しいです。
2021年5月11日 : スライム作り
スライムを作りたい!という生徒さんのリクエストに応えて、2週にわたり、作ってます。
なぜ、2回も作るのかというと、1回目は、楽しいから、ただ、テンションがあがり、それで、終わってしまいます。それを今度は自分なりの探求をしてほしいために、2度目が必要となり、ただ、楽しい→なぜ、こうなるんだろう?
という学びの原点が出てきます。

今週、来週は、どこのクラスも、スライム作り。みんな、テンション高くしながら、飽和水溶液、ホウ砂などの言葉を覚えています!